パピヨンの部屋 - Welcome to Papillon's room
Sketches from Macedonia
 
 
Figures of the Mountains
While the green and the landscapes are mild in my country, the desolate faces of the mountains look painful in this land. The trees that have filled in the end my horizon spread their roots farther and farther sideways looking for soil scantly accumulated on the bare rock. Here soldiers would find no hiding place.
 
 
Red Bricks
Houses built of red brick look fragile, like snails without muscle or like skeletons. Is brick-making, done by solidifying and drying the crunchy red earth in a frame, the only occupation in this wasteland? Suddenly, the memory of an intense earthquake comes back to me. The red bricks are telling me not to worry. In this magnanimous land, the cycle of destruction and regeneration revolves slowly’.
 
 
Lake Ohrid
A border runs right through the middle of the lake. Young people are diving into the water from the bridge girder, but they don’t swim to the other shore. They are much more afraid of the invisible line than of depths of the river. The swimmers know that they should never make the water bloody.
 
 
No cloud springs up here. The sky reflects the color of the blue Aegean Sea in the distance and the water mingles the colors of tender grass. The pure tiny lake is embraced by the mountains.
 
 
Soundless, waves barely lap the morning shore. The water is perfectly clear, unscented, and an invisible wind cools down my whole body heated by the Poetry Evenings.
 
 
Ah, indeed. I know “time” has brought me to this place. Although I might have been totally baffled by the swirl of anguish, I wonder if I have been washed ashore in this place by the power of its energy; to this land of supreme bliss.
 
 
Focus
I see you across the flowers. If I look at the flowers, I don’t see you. If I look at you, I don’t see the flowers. If I fix my eyes on both, my eyes refuse to work; because I am a living creature.
 
 
Fluff
Like feathers of a bird, a round fluff is fluttering in front of the poets. If you stick on my tote bag, you will bloom as a Japanese flower. If you stick on one of my friends’ clothes, you will bloom as a foreign flower. Australia, India, Sweden, Belgium, Russia, Germany… Where would you want to go? Go wherever you want; stick on whomever you want. You will be welcomed wherever you go, although it might be best for you “to bloom in this place.”
 
 
A Spring in the Forest
Sunbeams playfully stream through the leaves of trees around a dark green spring, in which fairies would seem to be living. Nobody would touch the beauty of the water. The leaves reflect the light, the bottom of the water reflects the light, the woods reflect the light, and the boat reflects the light. The silence of the spring fills the deep forest.
 
 
Tears of the Graces
Our church is dedicated to the Graces. Appreciating the Graces who have given us the language and its joy and also the music and its joy, poets around the world have got together here to present the best thing that human beings can offer at this moment. Indeed, human beings carry the burden of karma; longing for good while caught in evil because of too much anguish.
 
 
When a beautiful aria resounds throughout the church, the souls of poetry there are instantly united as one to rise up into the dome. The Graces shed tears crying, “Well done, well done!”
 
 
 
 
マケドニア素描

山容
緑やさしく容なだらかなわたしの故里、此の地にあって山肌剝き出しの荒涼が辛い。漸く見せる樹木も、岩肌にわずか蓄えた土を求めて、根を横に横に張っている。ここでは兵士の隠れ場所もないだろう。

赤煉瓦
煉瓦積みの家屋は、見るからに脆い、筋骨のない蝸牛のよう。さくさくした赤土を枠で固めて干す煉瓦造りは、荒れ地での唯一の生業か。突然に激しい地震の記憶が甦るわたし。心配は無用と赤煉瓦が云う。おおらかな土地に、破壊と再生の輪廻がゆっくりと回る。

オフリド湖
湖の真ん中を国境が走る。若者たちは橋げたから飛び込みに興じるが、対岸には泳ぎつかない。見えない線に比べれば川の深みなど怖くないのだろう。決して血で濁さぬよう弁える遊泳者。
 
此処では雲は湧いてこない。空の色は彼方のエーゲ海の青みを映しているのか、水の色は柔らかい草の色と交っている。そんな清らかな小湖を山々が抱きしめている。
朝の浜辺に、波は音なくひた寄せる。水は匂いなく澄みきり、見えない風はわたしの全身に及んだ詩祭の昂りを冷やす。
 
嗚呼、そう、そうだったのか。「時」がわたしを此処へ運んでくれたのか。弄されたはずの苦しみの渦、その勢いの力がわたしを此処へ打ち上げてくれたのか、この至福の地へ。
 
焦点
花の向こうに君がいる。花を見れば君が見えない。君を見れば花が見えない。両方に目を凝らすとわたしの目が駄目になる。なぜならわたしは生身だから。

綿毛
鳥の羽根みたいに、丸い綿毛が、詩人の前を飛んでいる。もしわたしの布袋にくっつけばおまへは日本の花と咲く。もし友人の服にくっつけば異国の花とさく。オーストラリア、インド、スウェーデン、ベルギー、ロシア、ドイツ・・・おまえは何処へ行きたい。好きに飛べよ、好きにくっつけ。どこでも迎えてくれるから。「この地に咲く」それがおまえには一番ではあろうけれども。

森の泉
妖精が棲んでいそうな、緑濃い泉に、木漏れ陽が遊ぶ。誰も触れない水の美しさ。光は葉を照り返し、その光は水底を照り返し、その光は樹を照り返し、その光は舟を照らす。深い森の泉の静けさ。
 
美神の涙
吾々の聖堂には美神が祭られてある。吾々に言葉とその喜びを与え給うた美神に、吾々に音楽とその喜びを与え給うた美神に、感謝をこめて今このとき人として最良たるものを捧げるため世界中から詩人が集う。ああ、人は苦しさのあまり醜悪に墜ちながら善きものに憬れる業を背負っている。

美しいアリアが堂内に響き渡るとき、立ちあう詩魂が一瞬にしてひとつとなり丸天井のうえに立ち上りゆく。美神は「善哉、善哉」と涙する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 









トルコ素描
 
 
シトラス
一月だというのにシトラスはたわわに実っている。レモンは重そうに垂れ下がっていた。小ぶりのオレンジは、みな太陽の顔をしていた。それらを惜しげもなくこぼしながら荷車は野道をいくのだった。
 
 
アダナの月
小宴で、水を入れると白濁する酒(ラク)で酔ったトルコ人教授が「月の砂漠」を歌いだした。鳥取で二年住み、良い思い出があるらしい。宿舎へ帰る途中、ふと見上げると満月がモスクのドームを照らしていた。
 
 
長距離バス
五時間のドライブ。つたないトルコ語で隣席の二十歳の兵士と話す。休暇で帰省の途中だという。胸のポケットから婚約者の写真を見せ微笑んだ。軍用車両の運転係らしい。何処の国の若者も前途に平和あれと祈らずにいられない。
 
 
アバノス
昔、シルクロードでは二十キロごとに駅があった。隊商が休んだ町アバノス。奇岩、キリスト教徒が隠れ住んだ地下都市、鳩の谷・・・人だけが変わり、歴史舞台は変わらない。赤河のそばにある陶器工房では、「青い鳩は幸福を運んでくる」との売り口上を真に受けて、ひとつ求めた。
 
 
涙の壺
唯一、感情を殺す動物、人間。でも時々それができない。人知れずいかに涙が流れることか。ほこりっぽい店の片隅に売られている「涙の壺」。杏(あんず)しか育たない苛酷な地。貧しい暮らしでは嬉しさすら涙の素となる。
 
 
ボスポラス海峡
マルマラ湾の船影は動かない。みな、通過の順番を待っているからだ。黒海から出る船、入る船、それぞれに荷と人を乗せて何処へいくのだろう。海峡の幅は五百メートル。アジアとヨーロッパは声が届くほど近いのだ。
 
 
ブルーモスク
ビザンチン帝国の都、コンスタンチノープル。栄華の残響と、耽美の香りに酔い、身を任せて歩く。旧市街の壁や石畳。モスク天井のモザイク。聖なる場所の中心、ドームの中で時は止まっている。キエフ・ウィーン・ローマ・エルサレムを全方位、500キロ先に見ながら。
 
                                   「心薫る女」より
 

 
 
 Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。