パピヨンの部屋 - Welcome to Papillon's room
POEMS FROM ALL OVER THE WORLD
 
 
淋しいポプラの下で
        ミハイ・エミネスク      
 
淋しいポプラの下で
          僕は何度 間違いを犯したことか 
すべての隣人が知る僕の足音 
          きみが聞こえなかっただけだ

明りがこぼれるきみの窓へと 
          何度 目を凝らしただろう 
僕のひとえに秘かな世界 
          きみが知らなかっただけだ

ひとつの言葉、あいづちのつぶやき 
          何度 僕は祈ったことか!
もし息が絶えても 何であろう 
          その日を生きれば充分だ 

きみは でもちらりと見てくれた
      それは軽蔑の目ではなかった
昇りゆく輝きの外部に 
          新しい星は 誕生した

きみは展開される一生をもてたのだ
     時の終わりも超えて
ああそんなに冷たい腕をもつ
     ああ 大理石の崇高な姿よ!

ある異教の伝承の偶像
     いまはもう見られない
降りて来よ その上(かみ)より
     もう長い時が流れた

僕の崇拝は戻らぬ時代のものだった
     欺かれた宗教による哀しい眼
どの世代も伝えられてきた
    父から子へと

しかしいま僕は気になるのだ
     あの道を歩くのに
その顔も気を払わないのだ
     その美しさも僕には虚しい

きょうのきみがそれに似ているから
     堪えることとその振りにおいて
そして僕はきみの誇示をみる
     冷たく生気ないまなざしの

きみは正しく価値を知るべきだった
     疑う意思をもってしても
そして夜 にはカンテラを点(とぼ)せよ
     神が遣わされたところの愛へ
 
 
 
 
Down Where The Lonely Poplars Grow 
                                                       Mihai Eminescu


Down where the lonely poplars grow 
          How often have I erred; 
My steps that all the neighbours know 
          You only have not heard. 
Towards your window lighted through 
          How often my gaze has flown; 
A world entire my secret knew 
          You only have not known. 
A word, a murmur of reply 
          How often did I pray! 
What matters then if I should die, 
          Enough to live that day; 
To know one hour of tenderness, 
          One hour of lovers' night; 
To hear you whisper's soft caress 
          One hour, then come what might! 
Had you but granted me a glance 
          That was not filles with scorn, 
Out of its shinning radiance 
          A new star has been born. 
You would have lived through lives untold 
          Beyond the ends of time; 
O deity with arms so cold, 
          O marble form sublime! 
An idol of some pagan lore 
          As now no more is seen, 
Come down to us from times yore, 
          From times that long have been. 
My worship was of ages gone, 
          Sad eyes by faith beguiled, 
Each generation handed on 
          From father unto child. 
But now I very little care 
          To walk along that lane, 
Nor heed the face I found so fair 
          Looks out for me in vain; 
For you are like them today 
          In bearing and in guise, 
And I but look on your display 
          With cold and lifeless eyes. 
You should have known to value right 
          With wondering intent, 
And lit your candela at night 
          To Love that God had sent. 
 
(Translated by Corneliu M. Popescu)
 
(日本語訳:すみくらまりこ)
 
 
FOR JAPAN
GOD BLESS YOU
 
The nature is pregnant,it’s spring
All over crowns of golden rays
Today Eros should gift a wedding ring
And  bind new married for million days
 
Downtown is walking the honeymoon
Geisha’s eyes  twinkling on calming breeze
Aphrodite should gift newborns very soon
Drinking wine,Apollon throws arrows of cheers
 
Oh Gaia,why have you sent them a flux of muddy flood
Instead of shiny morns and colouring cherry blossom
Mother Earth ,all in filthy rags, weeping convulsively ,shows
 
Its heart cu tin two pieces, source of cloudburst full of blood
In which divers  lost  pearls of hope and stars of wisdom
 
But nevertheless,I sense,I hear,  the wind of life blows ,blows.
 
By Jagotka Tomovska

希望のソネット ー神の祝福あれ
   
                ヤゴトカ・トモフスカ(マケドニア)
 
自然は身籠っている、それは春だ。
黄金の光はあまねく差しわたり
きょうエロスが結婚指輪を与えるはずだ
そして新婚の二人を永遠に結ぶ。  
ハネムーンで下町を歩きながら、
やまとなでしこの目はそよ風にしばたいている。
アフロディテはすぐに愛児を与えるだろう
ワインを飲みつつ喝采しアポロンは矢を射るはずだ 
ああ、地球よ、なぜ彼らに泥(どろ)津波の怒涛を与え給うたのか
輝く朝、彩(あや)なる桜の代わりに。
母なる地球よ、みなが寒そうな毛布にくるまれて、泣きじゃくっている。
 こころは二つにちぎれ、豪雨のみなもと(海)は血に染まっている。
その中でダイバーは希望の真珠、智恵の星を見失っているのだ。
でも、それでもなお、わたしは感じる、聴く、いのちの風が吹くのを
吹いているのを。
 


(photo by vpweb collection)

                                    JAGOTKA TOMOVSKA (Macedonia)

LEDA AND THE SWAN
 
For Zeus it wasn’t the first caressing
He always flapped the milky wing
A half-opened beak ready for kissing
And Leda waiting for him in a nest like a swing
 
She, half-naked, in a gown of silk
In front of her a swan all in white
Mary, the mother of God, snowy as milk
The night so dark, the moon was shining so bright
 
A sudden blow in the crumbling cot
The ardor of love lengthened to mould
The feathered glory flashed in unexpected thunder
 
And disappeared out of her breasts flaming and hot
Oh how Leda longed to let her tears of pearls on his shoulder
She’s sorrowfully seeking, and in the Heavens she’ll wander and wander.
 
 
 
レダと白鳥
 
                ヤゴトカ トモフスカ
                    (マケドニア)
                  すみくらまりこ訳
 
ゼウスには初めての愛撫ではなかった
乳色の羽根をいつも羽ばたかせていた
口づけをもとめ半ば口をひらいて
そしてレダはブランコのような巣で彼を待っていた。
 
彼女は、半裸身、絹のガウンに身を包み
目前には真白なる白鳥が一羽
乳のような雪のマリア、神の母たる御方
夜はまさに闇、月が煌々ときらめき
 
ばらばらの寝台に突然の風
鋳ることで伸びる愛の情熱
雷撃に光る栄光の羽毛
 
そして彼女の燃える火なる胸からの消失
嗚呼、いかにレダは彼の肩に真珠の涙を注がせたかったことか
彼女は悲しくも探す、そして天を彷徨いつづける。

Dhimitër Pojanaku
ディミティエール ポヤナーク
 
 
日曜の昼下がり
Nichiyo no hirusagari
横たわり
Yokotarari
静かな様子に
Sizuka na yosu ni
いたずらっぽいグラス
Itazurappoi gurasu
ちっぽけな悪魔が
Chippoke na akuma ga
彼女の贈り物を喜ぶ
Kanojo no okurimono wo yorokobu
箪笥は
Tansu wa
空っぽの貝殻
Karappo no kaigara
ゆっくりと時が過ぎる床(フロア)
Yukkuri to sugiru huroa
(詩集「石の夜を貫いて」より)




Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。