パピヨンの部屋 - Welcome to Papillon's room
読者よりのコメント
 
「心薫る女」2008.6月9日発売
 
H.T様
「・・・たとえばフランス象徴詩とわが国古来の雅と、また真珠の輝きと
上質のリキュールの香りと、またフェンシングの剣先の鋭いさばきもある詩が
いっぱいですね。亡母の想い出を「針は優しいえ」と記される「さ・が・ら」など
感動しましたし、「綾絹」「誘蛾灯」「月下美人」・・も好きな詩です。」
 

S.S氏
「・・・瀟洒な本は品がよく、内容は思索の深いところから湧き出たような、
研がれた珠玉の言葉が詰まったページで、詩として一冊に結晶した作品群でした。
私の内面に澱む古いものを焙り出してくれるようでした。貴重な才能として
発展されるよう願ってやみません。」
 

N.K様
「たおやかで優美な言葉の中から、静かにロマン薫る詩が立ち上って参ります。
瀟洒な詩集を手にしながらゆっくりと味わいながら受信しています。
これが詩なのですね。
もうしばらく楽しみながらすみくらまりこという詩人の言葉の道筋をたどってまいりましょう」



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。