パピヨンの部屋 - Welcome to Papillon's room
            
 
Mariko presents a fantasy for kids.
 
影子の楽しい大みそか


すみくらまりこ  

   Kageko’s Happy New Year’s Eve
Mariko Sumikura
 
 
 
黒猫の影子は
夜には目だけきらきらり。
何でも見えるすてきな目。 
 
Black cat Kageko can be seen
only by her glittering eyes in the night.
Lovely eyes that can see everything.
 
 
 
 
 
クリスマスでもはしゃぎすぎ
もう何も面白いことがない
「あー、つまんない、つまんない。」
 
音楽は止んでとても静か。
「ずっと歌っていたらいいのに。
 チカチカイルミつけておけばいいのに。」
 
影子は不満、ぷんぷんぷん。 
巳子がやさしく慰めている。
「影子、おたのしみはこれからよ」と
 
Again, she had such a merry Christmas
that she no longer finds anything amusing.
“Oh, it’s so boring, so boring.”
 
 
Now that the music has stopped, it’s so quiet.
“I wish I could keep singing.
I want the flickering illuminations on.”
 
 
Kageko is not happy. She is in a huff.
Miko cheers her up gently.
“Kageko, the fun part starts now,” she says.
 
影子は分からない。 
すると、どこからか音がきこえる。
 
ペッタン、ペッタン
 
声がする。
「あいよ」「そら!」 
 
あっちからかな。
 
Kageko doesn’t understand.
Then, she hears something.
 
 
Pounding and patting.
 
 
She hears some voices.
Aiyo” “Sora!
 
 
 
 
音がする。
ペッタン、ペッタン
 
声がする。
「あいよ」「もひとつ、そら!」
 
Is it from that direction?
 
 
She hears sounds.
Pounding and patting.
 
 
They hear voices.
Aiyo” “Mohitotsu sora!”
 
 
 
 
 
何だろ、何だろ、何だろね? 
黒猫の影子はわくわくしてきた。
何かが次にある、、そう思った。 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。 
 
楽しい館、花の館、
いろんな花で飾ろうよ。
そしたらみな手伝ってよ。 
骸骨さんの手は器用。
指はカシャカシャ動いてひとつひとつ作っていく 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。 
 
魔女さん、葉巻をくわえ
新しい暦を作っている。
フクロウ博士は「あれば餅つきじゃ」と教える。 
 
 
 
 
 
 
影子はがぜん元気になる。
「お餅って食べられるの?」
「うまいぞ。やわらかくて長ーく伸びるぞ。」 
そうなんだ。
「ねえみな作ろうよ。」
 
そんなこんなで
庭ではにわかにお餅つき。 
 
What is it? What is it? What’s happening?
The black cat Kageko starts to feel excited.
“Something should start next!” she thought.
 
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
House of amusement, house of flowers,
let's decorate it with all sorts of flowers.
Now help me, everyone.
Skeleton is good with his hands.
His fingers jangle when moving and he can make things one by one.
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
Witch has a cigar in her mouth
and makes a new calendar.
Owl teaches us, “They are making rice cakes.”
 
 
Kageko has been cheered up all of a sudden.
“Can we eat rice cake?”
“It’s delicious. It’s soft and stretches long.”
She didn’t know.
“Let’s make rice cakes, everyone!”
 
This is how
we got to start pounding rice cakes in the yard.
 
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。 
 
お餅がいっぱいできたころ
福子と幸太が遊びにきた。
 
「わたしたちこれから忙しいの
 みな、私たちをなでていくの」 
「なぜなの?」影子は不思議がる。
 
 
 
 
 
 
 
すると福子の云うことには、
「お店にお客さんがいっぱい来るんだって」
幸太が云うことには
「お金がいっぱい儲かるんだって」 
 
ならば、と影子も分身して
「わたしもなでてもらえるかしら」
福子は教える。
「右手をあげたり、左手をあげたり、
 両方あげたらみなよろこぶのよ」
 
When we have made so many rice cakes,
Fukuko and Kota visit us.
 
 
“We will be busy from now.
People come visit and pat us.”
“Why do they do that?” wonders Kageko.
 
 
Then, Fukuko says,
“They say they will have many customers.”
Kota says,
“They say they make a lot of money.”
 
“If so,” says Kageko making her own double,
“Would I be patted?”
Fukuko tells her,
“People become happy
when you raise your right, left, or both hands.”
 
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
 
 
 
 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。 
 
Fukuko and Kota also seem to make their doubles,
duplicating themselves again and again.
Kageko doesn’t want to lose.
It’s a duplicating battle…
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
 
福子も幸太も分身するらしい、
次から次へと増えていく。
影子も負けてはいられない。
分身合戦だ・・・・ 
 
 
 
 
 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。 
 
あれっ、どうなっている?
フクロウさんまで分身している!
あれ、あれ、あれ?
どうなってしまったんだ?
 
What? What’s going on?
Owl has also made his double!
What on earth…?
What is happening?
 
 
恐竜のダイナ君たちも笑っているよ。
彼らは大昔から来たので
ぜんぜん言葉がわからない。
でも嬉しそう、笑っている。
 
Dinosaur Dino and his family are also laughing.
They have come from an ancient period,
so they do not understand our language.
But they seem happy. They are laughing.
 
 
 
魔女さんが云う、
「さあ、みなお蕎麦をお食べ。
一本ずつ、よく噛むんだよ。
すると亀の万年さんみたいに長生きするよ」
 
Witch says,
“Here are buckwheat noodles for you, everyone.
Chew each noodle very well.
Then, you will live as long as the turtle Mannen (ten thousand years).”
 
 
巳子は着物をみなに見せている。
「どう、似あってる」
みなくちぐちに云う
「どうやって歩くの?」
 
Miko shows her kimono to everyone.
“Look, do I look pretty?”
Everyone says all at once,
“How do you walk?”
 
 
 
 
巳子は答えに困ってだまってしまう。
みなが云う
「ぼくたちの肩にのればいいんだ」
 
 
Miko doesn’t know what to say and stays silent.
Everyone says,
“You can ride on our shoulders.”
 
 
 
 
 
 
 
それは楽しい大みそか。
新しい年がくる大みそか。
 
It is a happy, happy New Year’s Eve.
New Year’s Eve, waiting for a new year to come.
 
 
 
影子は嬉しくて仕方ない。
明日はお正月なんだ。
 
Kageko is so excited and happy.
Tomorrow is New Year’s Day.
 
 
                                   (Made by Chiaki)
 
何もかも新しくなる。 
影子はみなに云う
「きっと良い年になるよね」
 
フクロウ博士は云う
「いや良い年にするんだ」 
 
みなはからだに力が湧いてくる。
走りたくなる。
跳びたくなる。
歌いたくなる。
踊りたくなる。 
 
今夜は夜通し遊ぶんだ・・・  
 
おわり   
 
Everything will be brand new.
Kageko says to everyone,
“I’m sure it will be a good year, don’t you think?”
 
 
Dr. Owl says,
“No, you will make it a good year.”
 
 
We all start to gain power in our body.
We now want to run.
We now want to jump.
We now want to sing.
And we now want to dance.
 
 
Tonight, we will have fun all night...
 
 
Fin.
 
 
(Story & Desigh by Mariko Sumikura)



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。