パピヨンの部屋 - Welcome to Papillon's room
ⒸSumikura Mariko
 
イタリア・コモ詩祭で録音した朗読です。
ここをクリック


「花の書」
ばらの書・チューリップの書・蓮の書の映像詩です。
ここをクリック。




銀翅の蝶
                     
 真っ暗がりで、銀色の翅を思いきり広げてみせたら、それは帆のように軽く膨らんだ。光の方へ向けたら、背中をそうっと押されるような力を感じた。
 何処へ辿り着くべき旅なのかわたしには知らされていない。そして戻ることは定められていない。夢想だに許されていない。ただ静かに漠たる真空間を進んでいる。
 幸いにも朽ちることもないこの銀翅は、光を力に闇に吸われていく。あの青白い星の、あの場所では、いまもわたしを追跡しているはず。生きているという信号を送り続けているかぎり・・・
 砕け星の、その塵の、毳(けば)すらも、この翅に触れずにあれ。
手を広げて止める物もない宇宙に、この蝶は進んでゆく。わずかな光を求め、感ずるかぎり、胸をはり顎をあげて、包んで放たれた掌の温かさに応えていくのだ。   
 
 
 
 
 
               photo by vpweb free collection
    
 
         秋朝顔
 
 
      もう咲かなくてよい、
      日ごと小ぶりの
      秋朝顔よ。
 
 
      円かろう漏斗も
     破れ縮れてしまって・・・
     それでも咲こうとするのか。
 
 
      不変の花色、
      深紫はおまえの誇り。
      それは褪せてはいない。
 
 
      いじらしさに
      わたしは何をすればよい?
 
 
      台風はもう来ない。
      おまえは静かに眠るがよい。
 
 
 
      
 
 
 
 
 
            明日へ -亀の子にー
 
      いのちくるむ
      真綿の優しさ。
      生きよ
      刻めよ
      万年の歩。
 
 
 
                          
 
        まだ
        意志の及ぶ
        今日の決断。
        未来への
        舵をきる。              
 
   
 
 
       
 
 
          身籠る
 
              身籠った
         おまへは
         背筋伸びきり
         天地を繋ぐ
         針金のやう。
 
 
 
 
 
         ひるむ
 
         細い手頸で
         生計たて、
         目潤ませる
         おまへの愛。
         吾たじろぎぬ。
 
 
            
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                        香る 
 
                   内から
                   内から
                   光に溶ける
                   若葉の香り。
                   清々し卯月。
 
 
 
                         
                             
 
          叩く
 
         おまへの
         眼差しは
         拳のやう
         吾が心奥を
         激しく叩く。
 
 
 
                         (Drawing by Yoshi)
 
 
                                 
 
            荒神橋
 
            次の世では
            早瀬の石にも
            分かれずに、
            一緒に
            流れていきませう。
 
 
 
 
 
 
 
                     支へる 
 
                 おまへの
            頑固さ弱さ
            ひたむきさ
            蔭に日向に
            支へゆく。
 
 
 
                 
     
 
             張る
 
                      一張一弛。
                      おまへの
                      糸を緩めよ。
                      糸を知り、
                       糸と遊べ。
             
 
 
 
 
 
 
                          雪ひとひら      
 
            光は
            荒振らない。
            天から地へ
            雪ひとひらを
            融かさない。
               
 
          
 
 
 
                       
           昔女(びと)
 
           働くおまへは
           張りつめた
           糸のよう、
           髪乱れても
           うつくしい。
 
    
                
 
 
 
 
 
 
            麻 -運命-
 
            あざなえば
            このいのちも
            たった一尋(ひとひろ)
            麻の縄。
            何も恨まず。
 
 
 
 
 
        
 
            自由(フリーダム)
 
            許されれば
            どこまで
            飛んでいくのか。
            こころ縛るのは
            わたしのこころ。
 
    
        
 
            ファースト キス
 
            寒さ
            ではなかった。
            あなたも
            あたしも
            震えていた。
 
 
    
 
                 
 
 
 
 
 
 
                          砂の花
 
             -愛しめば
             毀れてしまふ-
               こころの砂漠に
             咲いた砂薔薇。
             古へのオアシスを唄へ。
 
 
 
         
            黒揚羽
 
            角を曲がれば
            美しさの一撃。
            黒揚羽よ
            おまえには何か
            使命があるのか。
 
 
 
         
              
 
 
 
 
             水無瀬川
 
            現今を諦め
            時が磨く
            美し水なら
            どこまでも
            低きへ流れよ。
 
   
 
  
                     
 
 
                           倖(しあわせ)
 
            初雪は
            掌に降りる
            倖のかたち。
            白く、淡く
            熱く融ける。
 
 
 
                               (Photo by Zuzana Horicka, Czech)
            
 
                           再会
 
                    空(くう)をゆく
            二本の蔓、
            その先のごと
            求めあへば
            再び逢へる。
 
 
       
 
          
          
 
                       
                           黒い瞳
 
            求めすぎ
            彷徨ふ愛を
            黒い瞳で
            なじるのか
            おまへ。
 
 
   
 
         
 
 
                          秋牡丹  - 薄れゆく愛-
 
            ひと雨ごとに
            薄れゆく
            夏の香り。
            ひとり歩く
            影の濃さ。
 
 
   
 
 
 
 
 
                           月夜
 
            みづうみに 
            いのちの音が
            こころに
            涙の水脈が
            さんざめく月夜
 
 
             
 
 
 
 
 
 
                             空洞
 
             こころの
             奥処
             愛により
             満ちる空間
             深さは知れない。
 
 
               
                               
                             
 
 
 
 
 
 
              出町柳
 
        
            青白い街灯に
            柳が揺れている。
            わたしの脆弱な言葉は
            何を散り急いでか、
            初秋の風となる。
             
                「夢紡ぐ女」(竹林館)より
                     
      
 
 
 
 
 
 
 
 
                         紫水晶(アメシスト)
 
 
           決して
           変わらぬ
           紫のひかり、
           吸われ輝く
           わたしのことば。       
 
 
         
 
 
 
 
 
                   
 
 
 
                青石(カシミール・サファイア) 
 
 
            極めると
            愛は哀しい。
            グディ谷の
            石はまぼろし。
            青が潤む。   
 
       
 
    
 
 
                         おまへ
 
                砧(きぬた)に打たれ
                艶増す白絹(きぬ)、
                そのやうな
                八重歯で
                糸切るおまへ
 
 
 
 
          
 
 
 
 
 
 
                           天青石
 
            天の青みを
            映し込み
            そなたは
            脆く、哀しく
            透きとほる。
 
    
                                
 
 
 
                               
 
 
 
 
              恋塚
 
            現し世に
            ありながら
            滅びし恋、
            その魂(こころ)
            ここに眠る。
 
 
 
    
                                   
 
 
 
 
 
                            沢蛍
 
            沢蛍すら
            身命の
            光を交わす。
            徒に過ぎる
            今日惜しき。
 
 
                      
 
 
 
 
 
                       
 
 
 
               影草
 
             広ごるのは
             もの云えぬ
             心根か。
             ただありの女(ひと)
             ただありの草。
 
 
 
 
                             
 
 
 
 
 
            夢現(ゆめうつつ)
 
          
           現(うつつ)
           でしたか。
           浪漫は
           薄れるままに
           夢と化す。
 
 
                                    
 
 
 
                    
 
 
                        駅舎
 
 
           時計の秒針は
           恋情(こころ)を知らない。
           窓越しに
           口縁(くちびる)読めば
           秋雨が泣きだす。
 
 
 
 
 
                                          
 
 
 
 
                               夢衣
 
    
              夢に逢ふ
              衣を選ぶ。
              其処で
              むら気を
              責めませぬ。
 
 
 
 
                                                       
 
 
 
              こほり川
 
        
             佳き時も、
             星のしずくも、
             藻の花も
             閉じ込め
             こほる川の面(おも)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                
                 
               ともしび
 
 
               いのちを芯に
               ともるこころの光。
               あなたの光で
               わたしは輝く。
               そばに来て。
 
 
 
 
           
            菖蒲
 
                              浴衣に素足、
                              菖蒲の匂ひ。
                                   その結髪に
                              どんな愛が
                            応えられよう。
 
                   
 
 
 
 
 
 
                                     の泉
 
 
             ふつふつと
             みずがわくので
             ほしは
             しずかに
             うかべない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                  夏恋(こひ)
 
                
                 ほとばしるのは
                 マグネシウム閃光(びかり)。
                 束の間の
                 夏恋の綾取り、 
                 闇に闇を返すまで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

             朝霧
 
             朝霧をくぐり
             渾身の力で飛ぶ
             わたしは一匹の蝶
             この触覚(アンテナ)よりほか
             頼るものがない。
 
 
 
 
 
 
 
 
                 空華(くうげ)
 
                 背筋伸ばして
                 切る。
                 「空華」生け、
                 暫し大和の
                 剣士たる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。